【スモーキーなウイスキー おすすめ銘柄15選】初心者からの脱却!ピートの香りを楽しもう

スモーキー ウイスキー

皆さんは初めてウイスキーを口にした時から美味しいと思えましたか?

最初は苦手でもハイボールなど飲みやすいウイスキーを飲んで行くうちに いつのまにか好みのお酒に移り変わった方も多いのではないのでしょうか。

スコッチアイラモルトに代表されるスモーキーなウイスキーも それと似たようなところがあり、飲み進めていく内にいつのまにかあなたのウイスキーライフに欠かせないウイスキーになる可能性を秘めていると思われます。

ウイスキーを飲み始めたばかりの初心者の内はやはりシェリー樽熟成のウイスキーに代表されるような甘くてフルーティーなウイスキーが美味しく感じられることも少なくないのですが、いつの間にかピートの香り漂うスモーキーフレーバーの強いウイスキーの虜に…。

こちらの記事では これからスモーキーなウイスキーを飲み始める方のために、手始めにできるだけコスパが良く安いおススメな銘柄15選を紹介したいと思います。

好みに合わせたウイスキーのまとめ記事

スコッチ・モルトウイスキー

各蒸留所もちろんスタンダード品が素晴らしいとは思いますが、 こちらではそれ以外にも焦点を当ててご紹介させていただきたいと思います

ラフロイグ

アイラ島のシングモルトウイスキーと言えば最初に思い浮かぶのが「ラフロイグ」という方も多い有名な蒸留所

チャールズ皇太子が愛飲している事でも有名です。

そのスモーキーな味わいもシングルモルトウイスキーの中で最高レベル

スタンダード商品の10年物↓


ペドロヒメネスのシェリー樽と、ヨーロピアンオークのシェリー樽そしてバーボン樽で熟成された多彩な原酒をヴァッティング。

さらに、ヴァージン・アメリカンオーク樽で後熟し、スモーキーな香りと甘美な味わい。

価格の割に満足度の高い逸品


ファーストフィルのバーボン樽を解体し、組み直したクオーターカスク(約127ℓ程度)で熟成。

通常よりも小さい樽で熟成が早くなる。

10年熟成品よりも甘みが感じられ、その上リーズナブルでしたが…

サントリーからの正規品は終売になってしまいましたので安く購入できる今のうちに一度飲んでみる事をおススメします。

ラガヴーリン

ラガブーリンは前述のラフロイグ、アードベッグと共にスモーキーフレーバーを感じられるウイスキーの代表格として挙げられるアイラモルトウイスキー。

ラガブーリンについてはコチラから

Pick up ラガヴーリン 16年『スモーキーでエレガントな海香るアイラモルトウイスキー』LAGAVULIN


熟成年数も少々若く、その上カスクストレングスのラガブーリン

生き生きとしたスモーキーな味わいそしてパワフル!

アイリーク

ボトラーズブランド「ザ・ハイランズ&アイランズ・スコッチ・ウィスキー社」が蒸留所名を伏せてボトリングするアイラモルト。

中身のウイスキーは明かされていませんが「ラフロイグ」or「ラガブーリン」との説が有力。

頂いた感じラガブーリンでしょうか…。

コストパフォーマンスがとにかく良く、とりあえずスモーキーなウイスキーが欲しい時には最適です。


よりパワフルなカスクストレングスもボトリングしています。

58度のアルコール度数で更なるディープでスモーキーな味わいに

アードベッグ

アイラモルトの中で最強を誇るスモーキーな味わいの「アードベッグ」。

ウイスキーのスモーキーな部分をしっかりと感じる事が出来ます。

アードベッグについて詳しくはコチラから

Pick up  アードベッグ 10年『強烈スモーキーなアイラウイスキー』ARDBEG TEN

スモークヘッド

インディペンデント・ボトラーである「イアン・マクラウド社」のボトリング。

蒸留所の名前の表記はありませんが、ウイスキー原酒は5~6年熟成の「アードベッグ」だと言われています。

アードベッグがこの価格で購入できるのであればかなりお値打ちなのではないでしょうか。

カリラ

男性的なアイラモルトウイスキーと表現される事の多いドライ&スパイシーな「カリラ」

カリラの名はゲール語でアイラ海峡の意味

詳しくはコチラの記事から

Pick up カリラ 12年 ピート&フルーティなアイラモルト ウイスキーCAOL ILA

フィンラガン

アイラ島にかつて存在した古城の名前が付けられたシングルモルトウイスキー「フィンラガン」

蒸留所名は明かされていませんが、前述した「カリラ」との事。

スモーキーフレーバーがしっかりと堪能でき、価格も安いのが嬉しい。


カスクストレングスの「フィンラガン」

58度の強烈なアルコール度数でピーティー&パワフル

ボウモア

アイラ島のシングルモルトウイスキーの中でも女王と称され、スモーキーフレーバーとパフューミーな香りで独特の個性を主張する「ボウモア」

好みがわかれる所ではありますが、取りあえずリーズナブルな物からでも試してみる価値はあります。

Pick up ボウモア18年『アイラモルトの女王の名に相応しいウイスキー』BOWMORE


ファーストフィルとセカンドフィルのバーボン樽で熟成させた原酒を使用して作られた「ボウモア スモールバッチ」

スモールバッチの割に価格もリーズナブルで購入しやすい一本。

ビッグピート

インディペンデントボトラーであるダグラスレイン社によるアイラ・ブレンデッド・モルト。

使用されている蒸留所は「カリラ」「ボウモア」「アードベッグ」、閉鎖して約30年となる「ポートエレン」の4つ。

希少な原酒が使用されている割には安いと感じられる一本。

アイルオブジュラ・スーパー・ステイション

ハウススタイルはノンピートで華やかな印象の「アイルオブジュラ」

「スーパーステイション」ではヘビーピートの若い原酒に、13年~20年、21年以上熟成させたジュラのライトピートな原酒をヴァッティング。

その後シェリー樽で仕上げの熟成が施されている。

ベンリアック キュオリアシタス

通常飲みやすいスペイサイドモルトの印象が深いベンリアックを55ppmのヘビーピート麦芽使用して仕込まれた「キュオリアシタス」

アイラモルトウイスキーを思わせるスモーキーさでこの価格は見逃せません。

スコッチ・ブレンデッド・ウイスキー

スコッチ・ブレンデッド・ウイスキーは本来シングルモルトウイスキーとは対照的に飲みやすくスムースな物が多い。

その中でも特例的にスモーキーなウイスキーが存在します。

シングルモルトウイスイキーよりも安価でコスパの良い物も多いので取りあえずこのあたりからチャレンジしてみるのもおすすめです。

ジョニーウォーカー ダブルブラック

最初は限定ウイスキーとしてリリースされていましたが現在では定番品となった「ジョニーウォーカー ダブルブラック」

キーモルトの発表はされていませんが、ジョニ黒でも使用されているラガブーリンやタリスカーなど個性的なシングルモルトの味わいが強く感じられます。

ザ フェイマスグラウス スモーキーブラック

グレンタレット蒸留所の、稀少なピーテッド・モルトを使用しブレンドされたフェイマスグラウス。

価格が安い割に飲みごたえもあります。

ハイボールなどでいただくのもおススメです。

ブラックボトル

アイランズのシングルモルト原酒を中心に使用して作られたブレンデッドウイスキー「ブラックボトル」

スモーキーフレーバーが楽しめコスパも最高です。

アイリッシュウイスキー

本来ノンピートで作られる銘柄の多いアイリッシュウイスキーの中で異例なスモーキーフレーバーを持つウイスキー

カネマラ

スコッチモルトウイスキーと同じ2回蒸留、麦芽はピートを炊いて乾燥させる製法を取っている「カネマラ」

ノンエイジと12年熟成品があり、アイラモルトを飲んでるようなスモーキさを味わえます。

スモーキなウイスキーまとめ

今回はウイスキーを飲み始めてすぐの初心者の頃から、少し時間が経った頃に試してみたいスモーキーフレーバーのきいたウイスキーに焦点を当て、出来るだけ安く買えるおススメの銘柄15種類を紹介させて頂きました。

フルーティーで飲みやすい物から、個性的で一度口にすると忘れられない強烈なスモーキーフレーバーを伴うものまで沢山の味わいを堪能できるのがウイスキーの最大の魅力。

ウイスキーに少し慣れてきたら様々な銘柄に挑戦しウイスキーライフを更なる楽しいものに…。

スモーキーフレーバーなどウイスキーの味わいをより深く堪能するにはグラスも大切です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします