『モンキーショルダー 幻のウイスキーを原酒に』味や価格・おすすめの飲み方は?

モンキーショルダー

使用原酒・・・グレンフィディック・バルヴェニー・キニンヴィ

熟成年数・・・ノンエイジ

アルコール度数・・・ %

生産者・・・ウィリアム・グラント&サンズ社

ブレンデッドモルトウイスキー「モンキーショルダー」

モンキーショルダー」を生産しているのはウィリアム・グラント&サンズ社

世界で最も飲まれているシングルモルトウイスキー グレンフィディックの生産者として名をはせています。

印象に残るネーミングとボトルデザイン。

人気の高い蒸留所を保有する家族経営の会社だけに注目度の高いウイスキー。

キーモルトに使用された原酒

  • グレンフィディック
  • バルヴェニー
  • キニンヴィ

使用されているのは上記3種のウィリアム・グラント&サンズ社が所有するスペイサイドのシングルモルトウイスキー蒸留所の原酒。

モンキーショルダー,バッチ27,評価,飲み方,キーモルト,価格,キニンヴィ,バルヴェニー,味,

ボトルネックの「batch27(バッチ27)」が示すのは3つの蒸留所の原酒、厳選27樽をバッティングして作られたという事。

その1つが、万人に愛される最も有名なシングルモルトと言っても過言ではない「グレンフィディック」

穏やかな麦芽の甘味と飲み口の良さが特徴

グレンフィディック 12年 『麦芽の甘み漂うシングルモルトウイスキー』Glenfiddich
  蒸留所・・・グレンフィディック蒸溜所 地域・・・スペイサイド地方、ダフタウン 熟成・・・12年 熟成樽・・・バーボン樽、オロロソ...

2つ目がウイスキー愛好家からも評判の高い「バルヴェニー」
蜜を思わせる華やかな香りと味わい
最近、入手が困難になりつつあるウイスキー

バルヴェニー 12年ダブルウッド『飲みやすいだけじゃない芳醇なウイスキー』THE BALVENIE
蒸留所・・・バルヴェニー蒸留所 地域・・・スペイサイド ダフタウン 熟成・・・12年 アルコール度数・・・40% バルヴェニ...

そして、1990年にオープンした比較的新しい蒸留所「キニンヴィ

流通量の少なさから幻のシングルモルトウイスキーと言われています。

モンキーショルダーの名前の由来は?

モンキーショルダー,猿のエンブレム,評価,飲み方,キーモルト,価格,キニンヴィ,バルヴェニー,味,

「モンキーショルダー」スコッチウイスキーとしては一風変わったネーミング。

名前の由来は、フロアモルティングを行うモルトマンにまつわる物。

製麦の際にシャベルで麦をすき返す重労働による職業病を「モンキーショルダー」と呼びます。

「肩に猿が乗っている様なしんどさ…」

モルトマンへの感謝と敬意からこの銘柄が生まれました。

フロアモルティングについては以前バルヴェニーの記事で触れました。

ボトル肩部分に配置された3匹の猿の意味は3つの蒸留所の原酒を使用したことの表れ。

モンキーショルダー「テイスティング・レビュー」

モンキーショルダーの評価は?

実際にグラスに注ぎテイスティング&レビューしていきましょう

モンキーショルダー,テイスティング,評価,飲み方,キーモルト,価格,キニンヴィ,バルヴェニー,味,

カラーは淡く輝くゴールド。

香りは青リンゴのように甘酸っぱく爽やかな香り。

口に含むとスッキリとした麦芽・蜜系の甘みが主体で広がり、エステリーな味わいもそこに混ざり合う。

ボディはライトで飲みやすい。若いモルト原酒で構成されている味わいでは有るのだが、不快感は無い。

飲み進めていくと、中盤辺りにバニラ系の甘味とビターなニュアンス、ほのかにアップルティーが顔を出し心地良い。

フィニッシュでも程良いビターな味わいと麦芽や蜜を思わせる甘味が、爽やかな酸味と共に穏やかにゆったりと続いていく。

加水すると蜜系の甘味よりも爽やかな印象の方が際立つ。

ロックにするとビターでドライな味わいが前面に顔を出し、ほろ苦さを感じるが香り立ちは決してわるくない。

ハイボールにすると爽やかで軽やかな香りと程良いビター感でキレのある味わい。

「モンキーショルダー」おすすめの飲み方は?

ブレンデッドモルトウイスキーというだけの事は有り、ストレートで飲んでも十分に満足できる味わい。

しかし、ぜひ試してほしいのがハイボール

麦芽の香り豊かで奥に潜む蜜のようなほのかな甘み、スッキリとした飲み口。

ロケーション問わず楽しめるウイスキー。

「モンキーショルダー」コストパフォーマンス&まとめ

  • ウイスキー初心者の方にも薦めたい銘柄
  • 飲み方はストレートでもハイボールでも!
  • 興味深いネーミング
  • コスパも良いブレンデッドモルト
  • 幻のモルト「キニンヴィ」も

ウイスキーブームによる原酒不足からか、最近ボトラーズブランドを始めブレンデッドモルトウイスキーの銘柄が大変増えたように思います。

今回取り上げた「モンキーショルダー」は歴史も長く発売されたのは2005年。

永く流通を続けている事も、このウイスキーに定着したファンが多いことの表れではないでしょうか。

スペイサイドらしいソフトでマイルドな味わいで、モルトウイスキー初心者の方にも薦めやすい飲みやすさと価格にも好感が持てます。

ハイボールで飲んでもストレートで飲んでも満足度の高いモンキーショルダー各所から評価が高いのも頷けます。

幻のモルト「キニンヴィー」がこの価格で含まれている点もウイスキー愛好家として見逃せない…。

評価:コスパ優良 


モンキーショルダーのスモーキー版

原酒にバルヴェニーのスモーキー原酒を使用

国内での正規販売は無く、海外市場向けの数量限定品


ジョニーウォーカーが生産するブレンデッドモルトウイスキー

スペイサイドのカーデュやグレンデュランをメインとした原酒構成。

2020年発売の限定品


バランタインが詰めるブレンデッドモルトウイスキー

グレーンウイスキーが入ってない事により、モルト原酒の濃厚な味わいをより感じることが出来ます。

コスパ的にも申し分のない逸品

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキー おすすめ 銘柄

ハイボールと相性が良いウイスキーまとめ↓

【ハイボールにおすすめウイスキー】タイプ別リーズナブルな銘柄21選 ※随時更新
いつのまにか「ハイボール」という響きが一般的になり、ウイスキー愛好家だけでなく、居酒屋や自宅で気軽にたくさんの方々が楽しむようになっ...
ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします