ザ・マッカラン レアカスク フルーツ香るシェリー樽熟成のウイスキー THE MACALLAN RARE CASK

マッカラン レアカスク

蒸留所・・・マッカラン蒸留所

地域・・・スペイサイド、クレイゲラヒ

熟成・・・30年以上の長期熟成原酒を含むノンエイジ

アルコール度数・・・40 %

マッカラン蒸留所が詰める1824シリーズの中でも最高峰の『マッカラン レアカスク』。

このレンジの商品では、熟成年数を表記し長熟を売りにした商品が多い中、多年度の樽をバッティングし、ノンエイジでの商品リリース。

マッカラン蒸留所の詳細はコチラから

ザ・マッカラン18年 『シェリー樽』優雅に香るウイスキー The MACALLAN
蒸留所・・・マッカラン蒸留所 地域・・・スペイサイド、クレイゲラヒ村 熟成・・・18年 1996年蒸留 アルコール度数・・・4...

ザ・マッカラン レアカスク

「マッカラン1824シリーズ」は2013年に熟成年数表記ではなくゴールド、アンバー、シエナ、ルビーといったウイスキー天然の色合いに注目しリリースしたシリーズ。

この事により今まで熟成年数が若く、使用することが出来なかった樽も使用可能となる。蒸留所が抱える原酒不足を考慮しての判断もあるのではないでしょうか。

ザ・マッカラン レアカスク」は16種類の希少な樽をバッティングして原酒を作ったことから名づけられました。

その酒齢は、ノンエイジではある物の30年以上の長期熟成された原酒も使用されています。

熟成に使われた樽は、「バット・パンチョン・ホッグスヘッド」と異なる3パターンのアメリカンオークとスパニッシュオーク材の樽。

もちろん100%シェリー樽での熟成です。

ボトルの仕様も豪華な作りでかなりの重厚感があります。

キャップ部分には、18世紀に建てられた領主の館(現在はオフィス)の刻印。

ボトル底面はかなり分厚く作られリッチな印象を受けます。

ボトル自体かなりの重量です。

ザ・マッカラン レアカスク ボトルキャップ ザ・マッカラン レアカスク ボトル底面 

その化粧箱も観音開きを採用し、豪華さを演出しています。

最近発売された「マッカラン レアカスク・ブラック」もこのつくりを採用。

マッカランファンは並べてディスプレイしたくなります、、、

マッカラン レアカスク・ブラック スモーキーなマッカラン新発売
The Macallan Rare Cask BlackThe Macallan Rare Cask Blackより引用スコッチシングルモル...

テイスティング・レビュー

マッカラン レアカスク テイスティング

カラーは、赤みがかった琥珀色。

シェリー樽とベリー系の果実、イチゴジャムの様な香り。

重厚というよりも軽やかで上品、下の上でトロリとしたクリーミーさを感じる。

ミディアムボディではあるが、シェリー樽のエグミ無く、フィニッシュでは柑橘系のフルーティーさを感じる。

後熟の割にはウッドスモークよりも果実系の印象を強く感じた。

18年と比べると、かなり上品で仕上がり良く、甘さとフルーツが際立つ。

⇒ 現在入手可能なマッカラン

コストパフォーマンス&まとめ

リリースされた時は、ノンエイジでこの価格!?といった印象を受けました。

しかし飲み進めていくと、濃厚シェリー樽系の原酒ではないものの、その繊細さ、複雑さに十分満足できるクオリティーに感じました。

マッカラン18年と比べてみてもコスパ的にも決して劣っていないのではないでしょうか。

化粧箱も豪華ですのでお中元お歳暮等、お世話になった方への贈り物にも最適です。

コスパ優良 


アメリカンオークとヨーロピアンオークの「シェリー樽熟成」

「ルビー」は1824シリーズの中でも文字通りしっかりと色付いた原酒を使用してボトリング。


マッカランの1824シリーズの最高峰としてリリース。

オスクーロとはスペイン語で「濃い、暗い」という意味。

1987年ヴィンテージと1997ヴィンテージの原酒をブレンドしシェリー樽で後熟。

46.5度でのボトリング。


1824シリーズと言えば、最近リリースされたスモーキーな「マッカラン レアカスク・ブラック」が話題です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします