【安いのに美味い!!国産ウイスキー12選】2,000円台以下で終売してない!!今買えるもの限定

安い 国産ウイスキー 終売 おすすめ 銘柄 限定

近年、国産ウイスキーを始めとする相次ぐ値上げ&終売でどこか高級酒に感じてしまうウイスイキー。

ウイスキー好きにとっては、まさに逆風といった状況…

しかし、そんな現状でもまだまだ安い価格で美味い国産ウイスキーは存在します。

山崎や白州・余市が安い価格でスーパーの棚に並び、気軽に買えていたのは遥か昔…。

これからはネット通販も駆使して安くて旨いウイスキーの銘柄を探しましょう

この記事では2,000円台の価格にしぼり、日々の晩酌にも利用しやすい銘柄に限定して紹介していきたいと思います。

ジャパニーズウイスキーの現状

日本にウイスキーが初めて登場するのは1853年。

ペリー提督による黒船来航のとき。

その後、輸入が始まり国内でウイスキー需要が少しずつ広がりをみせ、最初の国産ウイスキーが登場するのが1923年。

そこから紆余曲折はありますが、世界5大ウイスキーに数えられるほどの進化を見せ、現在では数々のコンペティションで優秀な成績を収めるほどに…。

国内でもNHKで放送された竹鶴政孝氏の半生を描いたドラマ「マッサン」が大ブームをおこしジャパニーズウイスキーへの注目が一気に高まりました。

しかし、それと同時にハイボールブームなども合わさり急激な需要拡大による原酒不足という困難な問題が発生。

これが現在の相次ぐ素晴らしい国産ウイスキー銘柄の終売や値上げの主だった理由。

そのような現状でも各メーカー原酒不足の中、素晴らしいアイデアと技術力でコスパの良いウイスキー作りに励んでいます。

ここからは、飲み手にとって逆風と言わざるをえない国産ウイスキーの中でも「安くて美味い」と思えるウイスキーの銘柄を探していきたいと思います。

ニッカウヰスキー

ニッカといえば余市や宮城峡・竹鶴といった銘柄が思い浮かびますが、今回は安くて旨いウイスキーがテーマなので、それ以外の銘柄のウイスキーに焦点を当ててみたいと思います。

ハイニッカ

1964年に販売が開始され、今なお息づくニッカウヰスキーの長寿ブランド

ハイニッカの「ハイ」とは当時流行していたオーディオに使われていた言葉「Hi-Fi」のハイから取ったもの。

良い商品を気軽に飲めるようにとの竹鶴氏の想いが込められています。

古い銘柄が相次ぐ終売の波に飲み込まれていく中、根強いファンに支えられているウイスキーの一つ。

昔ながらの味を気軽な価格で楽しめます。

フロム・ザ・バレル

モルトウイスキー原酒とグレーンウイスキー原酒をブレンド後、更に数か月の追熟を行いボトリングされたウイスキー

アルコール度数が51度。

ハイプルーフを誇りますが、満足度の高い味わい

ストレートで味わいたいと思わせるウイスキー。

ブラックニッカ クロスオーバー

ヘビーピートでスモ―キーな原酒とシェリー樽熟成でフルーティーな原酒をメインにブレンドして作られたウイスキー。

ブラックニッカとは思えない濃い味わいで高い満足度がえられます。

程良いインパクトのピートが好印象。

数量限定品ではありますが現在まだ購入可能!

終売する前に

ブラックニッカ アロマティック

こちらのウイスキーも上記「クロスオーバー」に続き、ブラックニッカの数量限定品

果実を連想するスウィートな味わい。

ここまでの低価格でシェリー樽原酒を感じさせるウイスキーは他にはありません。

ハイボールだけでなく、ストレートで飲んでも十分な満足感が得られます。

ブラックニッカの限定品はとにかく飲む価値アリです。

個人的にランキングを付けると

  1. ブレンダーズスピリット
  2. クロスオーバー
  3. アロマティック
  4. ディープブレンド エクストラスイート

リンククリックで販売店へ↑

数量限定ウイスキーなだけに値上がりしている物もありますが…。

サントリー

入手しづらくなってしまった山崎や白州・響だけがサントリーではありません。

終売になる銘柄が相次ぐサントリーですが、入手可能なうちに飲んでおきましょう。

サントリー ウイスキー ローヤル

山崎や響きが発売される前から、国産高級ウイスキーの代名詞の役割を担ってきた「ローヤル」

ボトル形状は「酒」の作りの部分「酉」の形にならったもの。

キャップは山崎蒸留所の奥にあるという鳥居にちなんでいます。

サントリーの創業者であり初代マスターブレンダーの鳥井信治郎氏が作り上げた華やかでありながらすっきり飲みやすいウイスキー。

ギリギリですが、2,000円台で購入可能。

サントリー 角瓶 復刻版

国産ウイスキーブームを作った「ハイボール」

その立役者はサントリーの角瓶

角瓶復刻版は、発売当初の味をブレンダーがテイスティングし、その味わいを現代に再現したウイスキー。

コクや深みが現在の商品とはまったく違います。

角瓶ファンは一度飲む価値ありです

サントリー ウイスキー スペシャルリザーブ

白州蒸留所のウイスキー原酒がキーモルトとして使用。

軽くて飲みやすいブレンデッドウイスキー。

食事中などのハイボールとしてはもってこい。

重厚なウイスキーが好みの方は「リザーブ」よりも上記のウイスキーを選んでください。

マルスウイスキー

ツインアルプス

マルス信州蒸溜所が位置する「中央アルプス」とその東方「南アルプス」ふたつのアルプスの雄大さをイメージして作られたマルスのブレンデッドウイスキー。

この価格帯のウイスキーの中では、アルコール感をあまり感じず好印象。

甘味は感じられるものの、少々淡白に感じる。

スッキリした味わいのハイボールがお好みの方にオススメの一本。

岩井 トラディション

国産ウイスキーの歴史になくてはならない人物、岩井喜一郎氏への尊敬と感謝の念を込めて詰められたブレンデッドウイスキー

竹鶴政孝氏の上司に当たる人物です。

ソフトで飲みやすい甘み、熟成感も多少感じられるのでロックやハイボールなど多岐に渡り楽しめるウイスキー

その他の銘柄のウイスキー

キリンウイスキー 富士山麓 樽熟原酒 50°

富士御殿場蒸留所でキリンによって作られているウイスキー。

50度というパワフルなアルコール度数で存在感を放っていたこのウイスキーも残念ながら終売が決定してしまいました。

購入が可能なうちに一度は飲んでおきましょう。

アルコール度数が強すぎるという方も加水するとで十分に楽しめ、それなりの満足度がえられます。

以前コチラの記事で触れました

【富士山麓 樽熟原酒50° 終売】ハイボールにも最適!パワフルな国産ブレンデッドウイスキー
蒸留所・・・キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所 地域・・・静岡県御殿場市 ノンチルフィルタード アルコール度数・・・50...

甲州韮崎ウイスキー ピュアモルト

値上がり必至の国産ウイスキー。

この安い価格でモルトウイスキーというのはそれだけで貴重。

使用原酒など国産ウイスキーとして賛否両論あるかと思いますが、価格以上の満足度はあるように思えます。

こちらの記事で触れています

【甲州韮崎ピュアモルトウイスキー】国産ウイスキー?で安価にハイボール!サンフーズのラインナップも
製造元・・・サン・フーズ韮崎工場 販売元・・・富永貿易 熟成年数・・・ノンエイジ アルコール度数・・・40% 甲州韮崎ピ...

笹の川酒造 ブレンデッドウイスキー 山桜 黒ラベル

笹の川酒造が製造するブレンデッドウイスキー「山桜」

軽やかなボディで飲み心地の良いウイスキー。

スッキリとした印象で初心者の方にもおすすめの銘柄。

食事中のハイボールとしてこの軽やかさは重宝します。

ストレートやロックでは物足りなさを感じましたが…。

「2,000円台で安くて美味しい国産ウイスキー」まとめ

ジャパニーズウイスキーは日本国内のみならず、世界中で高い評価を得ています。

それ自体は喜ばしい事ではあますが現在の入手困難&終売、そして相次ぐ値上げの繰り返しの状況はウイスキー愛好家として悲しい所でもあります。

まさに安い国産ウイスキーを探すのは困難な時代…

私自身も以前は、竹鶴や余市・山崎10年を購入して晩酌を楽しんでいたのですが、最近はめきっりスコッチモルトの比重が増えつつあるのが現状。

この価格帯の国産ウイスキーでは、ストレートで飲んで満足できる銘柄はやはりそう多くはありませんでした。

しかし、昔ほどでは有りませんがまだまだ「安いのに美味い」と思える国産ウイスキーも存在します。

今一度、国産ウイスキーに目を向け、日本人が作りだす繊細でどこか落ち着きのある味わいに包まれて穏やかな夜を過ごすのも良いかもしれません。

ハイボールがお好きな方はコチラの記事も合わせてどうぞ

【ハイボールにおすすめウイスキー】タイプ別リーズナブルな銘柄20選 ※随時更新
いつのまにか「ハイボール」という響きが一般的になり、ウイスキー愛好家だけでなく、居酒屋や自宅で気軽にたくさんの方々が楽しむようになっ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします