カリラ 12年 ピート&フルーティなアイラモルト ウイスキーCAOL ILA

カリラ 12年

 

蒸留所・・カリラ蒸留所

地域・・アイラ島 ポートアスケイグ

熟成・・12年

アルコール度数・・43度

カリラ蒸留所

Caol Ilaと綴って「カリラ」と発音するカリラ蒸留所。

「Caol」が海峡、「Ila」がアイラ島を意味します。

スコットランドで使われるケルト系の言語、ゲール語で『アイラ海峡』となります。

英語では「SOUND OF ISLAY」と訳されその由来は、蒸留所の目前に広がるアイラ島とジュラ島の間の海峡から命名された物。

有名なブレンデッドウイスキー「ジョニーウォーカー」のキーモルトとして使用されています。

蒸留所はヘクターヘンダーソンによって1846年に創業。

その後数度にわたるオーナー交代を経て、UDV(United Distillers & Vintners)社の系列となる。

1972~74年にかけて老朽化した蒸留所を取り壊し、大規模な改装工事を行います。

この時残ったのはウエアハウス(熟成庫)だけでしたが、ポットスチルは忠実に職人の手により再現され、2基だったポットスチルが6基に増設され、アイラ島で最大規模の生産量380万リットルを誇る蒸留所へと進化します。

仕込み水は1.5キロ離れた丘の上のピート色の強いロッホ・ナム・バン湖から石灰石を通って浸み出したミネラルを含む水を使用。

冷却水は、循環システムを採用しており、海水を利用して冷却される仕組みとなっています。これは、数あるシングルモルトの蒸留所の中でもカリラだけが行っている特徴です。

現在はディアジオ社から2002年に発表された「ヒドゥン・モルトシリーズ」の一種としてリリースされていますが、以前はUD社から「花と動物シリーズ」として15年物が流通。

ラベルには蒸留所が面しているアイラ海峡を棲家とするアザラシが描かれていました。

現在の物と比較すると、「花と動物シリーズ」の物は樽香が控え目でドライさを感じ、若干乾いたようなドライさを持っていた様に記憶しています。

→現在入手可能なカリラ

テイスティング・レビュー

カリラ12年 テイスティング

カラーは明るく輝くゴールド。

スモーキーさの中にヨードの香りが漂い、口に含むとバランスの良い甘さが広がります。

後にしっかりとしたピート香に包まれ、フィニッシュに向かい徐々にドライでスパイシーな味わいに変化します。

飲み方としてはやはりストレートが良いようには思えますが、少量の加水もおすすめです。

加水するとフルーティーな甘さを感じドライさスパイシーさが影をひそめます。

オンザ・ロックにするとスッキリとさわやかに頂くことが出来るように感じました。


コストパフォーマンス&まとめ

アイラ島の中ではアードベッグやラフロイグ程の強いピートは感じられないものの、フルーティーな甘さやスパイシーさで十分な満足度を得ることが出来ます。

家飲み晩酌用アイラモルトとしてローテーションに加えて使いたい一本。

最近ボトラーズも含めてアイラモルトの値上げが止まらない中、この価格ならば十分に購入する価値がある様に感じました。

コスパ良好 


コチラは18年物、しかっりと甘くその上ピートものっていますので飲む価値ありです。

しかし最近終売になってしまい、流通が安定していません。

飲むならば手が届く今のうちかもしれません。。。


「モッホ」とはゲール語で夜明けを差します。

表記はありませんが8年ほどの熟成です。

かなり飲みやすく軽い印象を受けました。

限定品でこの価格は魅力的。


ボトラーズブランドからリリースされたハイクラスなカリラ、熟成年数は30年。

サーオビールとは「貴重な、稀少な」といった意味。

良質なシングルモルトを詰めている印象が強いキングスバリー最高峰シリーズでの瓶詰、一度は頂いてみたいものです。

この価格だと飲めるところも限られてしまいそうですが…。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします