【バーボンウイスキーでハイボール】コスパ重視で選ぶ!おすすめ銘柄15選 一杯の値段付

バーボンウイスキー ハイボール

サントリーの角ハイボールが流行し、NHKが制作したウイスキー誕生にまつわるドラマ「マッサン」の大ヒット、 世界の名だたるウイスキー品評会での受賞など

ジャパニーズウイスキーに注目が集まり、品薄からの値上げによる高騰が続いています。

低カロリーという面からダイエットによいと認識され、ハイボールという飲み方もすっかり定着しました。

果たしてジャパニーズウイスキーやスコッチウイスキーで作るハイボールが最も美味しいのでしょうか?

スコッチシングルモルトなど、至極のウイスキーを価格度外視で購入するためにも、日々の晩酌での節約は大切と考えます。

今回は比較的コストも低く、安価で入手できるバーボンウイスキーに焦点を当て、おすすめ銘柄を紹介させていただきたいと思います。

ハイボールに合う バーボンウイスキー おすすめ銘柄

バーボンウイスキー、飲み方をハイボールに限定して、コストパフォーマンスの良いおすすめ銘柄を一杯の単価とともに記していきたいと思います。

  • 一杯を30mlの価格で計算する
  • 氷やソーダの料金は含まない
  • ウイスキーの価格はamazon最安値で計算

価格はもちろんですが、日々のビールをウイスキーのハイボールに変えるだけで、ダイエットを気にしている方は摂取カロリーがかなり低くなるので更におすすめです。

価格で考える大容量ボトル(ペットボトル)でバーボンソーダ

バーボンウイスキーも最近では大容量のボトルやペットボトルで輸入され、コストが抑えられているものが多数あります。

有名な銘柄のバーボンウイスキーを安い値段でお得に楽しみましょう。

特にコスパの良い銘柄を紹介していきます。

エヴァンウィリアムス

バーボンウイスキーの始祖ともいうべき銘柄「エヴァンウィリアムス」

バーボンらしいその味わいに大多数のファンを持ちます。

近年復活したグリーンラベルが、なんと大容量ペットボトルで味わえます

ハイボールに最適の一本です。

一杯の原価…52円


アルコール度数が50.5度、オーバープルーフでボトリングされた強烈な「エヴァンウィリアムス・ホワイトラベル」

一杯の原価…96円


「エヴァンウィリアムス」の中でも定番のブラックラベル

世界第二位の販売量を誇るケンタッキ-・ストレート・バーボンウイスキー

なめらかで甘い口当たり

一杯の原価…59円

ケンタッキージェントルマン

バートン社の原酒によって生産されるバーボンウイスキー。

甘くソフトではあるものの、バーボンらしいクセもしっかりと残っています。

味わいを含め、コスパで考えるならばかなりおすすめの銘柄。

一杯の原価…43円

ジムビーム

世界でナンバー1の売り上げを誇るバーボンウイスキー

ジムビーム社を買収したサントリー。

ローラさんを起用したCMのインパクトは強く「バーボンハイボール」という飲み方の代名詞になりました。

一杯の原価…48円

さらに大容量の2.7ℓ

一杯の原価…45円

ヘンリーマッケンナ

ヘンリーマッケンナは発売当初、一日一樽にも満たない生産量の希少性から「幻のバーボンウイスキー」と呼ばれていました。

現在は前述の銘柄より割高ではありますが、ペットボトルでも販売。

上品で軽快、飲みやすい味わいで、食中酒のハイボールにおすすめの銘柄です。

一杯の原価…78円

アーリータイムズ

あの松田優作さんも愛飲していたという「アーリータイムズ」

アーリータイムズについて詳しくはコチラから

アーリータイムズ ブラウンラベル 滑らかなバーボンウイスキー EARLYTIMES
蒸留所・・・ダウンタウン蒸留所 地域・・・アーリータイムズ・ステーション 熟成・・・ノンエイジ アルコール度数・・・40% ...

一杯の原価…53円

ジョシュアブルックス

15年物が終売してどのくらい経ったのでしょうか。

ノンエイジ、1,000mlで復活。

久々に「ジョシュアブルックス」を目にして嬉しくなり、即買いしました。

バニラの様な甘みと、穏やかな香り。

飲み方もハイボールだけでなくストレートもおすすめ。

購入できるうちに早めに試されることをおすすめ致します。

一杯の原価…65円

ジャックダニエル ブラック

ウイスキー愛好家ならずとも、ご存じのテネシーウイスキーの有名銘柄「ジャックダニエル・ブラック」

チャコールメローイングという製法により、柔らかく滑らかに磨き上げられた味わいは、価格以上の満足度が有ります。

初心者の方にもオススメ

一杯の原価…72円

さらに大容量の3リットルボトル

インテリアとしても存在感が有ります。

一杯の原価…64円

オールドテーラー

上記に記している銘柄ほど有名ではありませんが、コスパの良いバーボンウイスキー

フルーティーな味わいと、ほど良い切れ上がりでスムースで飲みやすい一本。

軽く飲みやすいハイボールに。

一杯の原価…59円

ケンタッキー・ゴールド

さらにマイナー銘柄ですが、この価格は魅力的。

ストレートバーボンウイスキーではなく、アメリカンブレンデッドウイスキー。

軽めの味わいのハイボールがお好みの方やバーボン初心者にオススメ

一杯の原価…47円

レギュラーボトルでも価格以上の銘柄

通常サイズ750mlのボトルでも、割安の値段で購入可能なバーボンウイスキーも多数あります。

味わいも考慮に入れ、ハイボールにおすすめの銘柄を紹介させて頂きます。

オールド グランダッド ボンデッド

「おじいちゃん」という酒名が付いたバーボンウイスキー

このボンデッドは、アルコール度数100プルーフでボトリングされたパワフルな商品

ライ麦の使用比率が高く方向の高い味わい

一杯の原価…80円

エズラブルックス

1966年にアメリカ政府によって「ケンタッキー州でもっとも優れた小さな蒸留所」と讃えられたエズラブルックス蒸留所

4年以上熟成した原酒を使用。

マイルドながらも濃厚で、価格の割に十分な満足度のあるウイスキー。

一杯の原価…63円

ベンチマーク

これこそがバーボンウイスキーの原点という思いから、水準点を意味するワード「ベンチマーク」を酒名にしたバーボンウイスキー

バッファロー・トレース蒸留所の原酒を使用して作られ、甘口で飲みやすい

この価格で8年熟成は素晴らしいコストパフォーマンスです。

一杯の原価…56円

オールド クロウ

創業者である「ジェイムズ・クロウ医学博士」から名付けられたバーボンウイスキー

こちらも松田優作さんに愛飲されていた銘柄

バーボンらしい荒々しさとコクがハイボールとの相性も抜群

一杯の原価…49円

プラットヴァレー

原料に80%以上のトウモロコシを使ったバーボンウイスキーならぬコーンウイスキー「プラットヴァレー」

熟成に内面を焦がしていない樽を使用する製法から、バーボンウイスキーとは比べ物にならない軽快さ。

バーボン初心者の方や、軽いハイボールが飲みたい時に重宝します。

一杯の原価…52円

I.W.ハーパー ゴールドメダル

言わずと知れた日本ではメジャーブランドの「I.W.ハーパー ゴールドメダル」

創始者である「アイザック・ウォルフ・バーンハイム」と親友「フランク・ハーパー」のイニシャルから名付けられました。

コーンを原料とした軽やかでバーボンくさくない味わいが特徴。

「ハーパーソーダ」のワードが一世を風靡し大ブームに。

一杯の原価…64円

旨いハイボールにはグラスも大切

旨いハイボールを頂くにはウイスキー選びは最重要ですが、グラス選びも重要なポイントの一つ。

うすはりグラスで有名な「松徳硝子」がハイボールを飲むために作ったグラス。

飲み口が薄く、いつものハイボールの味がワンランクアップします。

ウイスキー愛好家の方へのお中元やお歳暮などプレゼントにも最適です。

ハイボールにおすすめバーボンウイスキー まとめ

今回調べた中での最安値は「ケンタッキージェントルマン

実は私もアマゾンからハイボール用に何度もリピート購入しています。

バーボンウイスキーにはジャパニーズウイスキーやスコッチウイスキーほどの繊細さはないのかもしれません。

しかしハイボールに限定し、日々の晩酌や食中酒で考えると、シングルモルトファンにとっても、価格の面も含め素晴らしい存在と言えるのではないでしょうか。

摂取カロリーも低く、大容量のグラスで喉を鳴らしながら飲むのも最高です。

この記事では、アマゾン最安値での価格を調査したのですが、銘柄によっては楽天やヤフーショッピングの方が安いものもありました。

送料なども考慮し、その時の最安値をチェックしてみて下さい。

バーボンウイスキーファンはもちろん 、ダイエットでカロリーを気にされている方や、日頃バーボンウイスキーを敬遠されている方も この機会に「バーボンソーダ(ハイボール)」是非一度試してみてはいかがでしょうか。

その他、ハイボールに関する記事はコチラから

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします