ラフロイグ 1815 レガシーエディション「強烈でスモーキーな味わい」飲み方や評価は?

ラフロイグ1815レガシーエディション,味わい,評価,スモーキー,限定,飲み方

ラフロイグ 1815 レガシーエディション

蒸留所・・・ラフロイグ蒸留所

地域・・・スコットランド アイラ島南岸

熟成樽・・・ファーストフィルのバーボン樽・ヨーロピアンオークの新樽

アルコール度数・・・48度

ラフロイグ 1815 レガシーエディション

スコットランド王室御用達でスモーキーなスコッチ・シングルモルトを生産し続け、人気を博しているラフロイグ蒸留所。

その歴史は長く、アイラ島の数ある蒸留所の中で最も有名な蒸留所ではないでしょうか。

ラフロイグ蒸留所の創業など詳細は以前こちらで触れました

ラフロイグ10年『スモーキーなアイラモルトウイスキーを飲もう!!』オススメの飲み方は?
ラフロイグ10年 蒸留所・・・ラフロイグ蒸留所 地域・・・アイラ島南岸 熟成年数・・・10年 熟成樽・・・バーボン樽(ファー...

今回は「ラフロイグ 1815 レガシーエディション

サントリーが正規で輸入しているオフィシャルラインナップではなく、免税店で2017年から限定販売されているウイスキー。

ラベルもいつもの白地とは違いプレミア感のあるデザイン。

その評価も高く、IWSC2017ではゴールドメダルを受賞しています。

ラフロイグ1815レガシーエディション,味わい,評価,スモーキー,限定,ラベル,飲み方,

ラベル下部に免税店限定を意味する「TRAVEL RETAIL EXCLUSIVE」が記されています。

ラフロイグで濃い色合いのラベル…
濃厚な味わいで人気を博した「ラフロイグ ロア」を思い出します。

ロアはサントリーの正規品が少量ですが現在流通するようになりました。
しかし発売当初は並行輸入品のみの販売。

評判によっては、レガシーエディションも正規ラインナップに加わる日がくるのでしょうか。

ラフロイグ 1815 レガシーエディションに使用された熟成樽は?

  • ファーストフィルのバーボン樽
  • ヨーロピアンオークの新樽

熟成にはフィニッシュ(後熟)という方式がとられています。

まずは、ラフロイグのウイスキー原酒をファーストフィルのバーボン樽で熟成
ここまでは定番ラインナップの10年と同じスタイル。

その後、ヨーロピアンオークの新樽に詰め替えてフィニッシュ。

スコッチウイスキーでの新樽の使用は、最近わりと目にするようになりましたが、異例と言えば異例。

1815 レガシーエディション名前の由来

1815年はラフロイグ蒸留所が創業した年。

LEGASY(レガシー)=遺産

これまで作り上げて来られた偉大な歴史とその職人達に敬意を払い名付けられたもの。

ラベルにサインもある通りこのウイスキーを手掛けたのは現在の蒸溜所長ジョン・キャンベル氏。

近年、免税店限定商品を含めラフロイグは今までに無い様々なタイプをリリース

ジョン・キャンベル氏のこれからの動向から目が離せません。

⇒ 現在入手可能なラフロイグ

「ラフロイグ 1815 レガシーエディション」テイスティング・レビュー

ラフロイグ1815レガシーエディションの評価は?

実際にグラスに注ぎテイスティング&レビューしていきましょう

ラフロイグ1815レガシーエディション,味わい,テイスティング,スモーキー,限定,飲み方,

カラーは少々濃いめの琥珀色。

香りはトーストした木材と甘やかでわずかに感じるゴム臭。

口に含むとオイリーな甘みから滑らかな舌触りに感じるものの、鼻腔に刺激的でスパイシーな香りが立ち上る。

スモーキーでは有るがスタンダードのラフロイグ10年のようなエレガントなスモーキーフレーバーとは異なり、焦げたタイヤを連想する。

重厚感のあるボディでかなり強烈な印象を覚えるが、フィニッシュに向かうにつれ、甘くふくよかな味わいもジワリと顔を出す。

フィニッシュは長く木材とゴムを同時に焦がしたようなスモーキーフレーバーが続く。

加水するとスモーキーな主張は強いものの落ち着きを多少みせ、前面に甘みが感じられバランス良く感じる。

ロックにすると先ほどまでの個性的な一面が多少だが影を潜め、飲みやすくなる。

ハイボールにすると少々ひねたような香りがフィニッシュで感じられる
個人差はありそうだが、ネガティブな印象にとらえる方も一定数要るのではないでしょうか。

「LAPHROAIG 1815 LEGACY EDITION」オススメの飲み方は?

ラフロイグ1815レガシーエディションは強烈な個性のウイスキー
その良さを存分に堪能するならばストレートで飲むのがもちろんオススメ。

しかし、個人的には少量加水した時に現れた変化したフレーバーのバランスが好みに合いました。
このウイスキーが持つ個性を損なうことなく、刺激を包むような甘味を体験してみて下さい。

ラフロイグ1815レガシーエディション まとめ

ラフロイグ1815レガシーエディション,味わい,評価,スモーキー,限定,飲み方,

LAPHROAIG THE 1815 LEGACY EDITION

  • 免税店限定のラフロイグ
  • 個性的な味わい
  • 飲み方で表情が変わる
  • 重厚なアイラモルトが好みの方にオススメ

ラフロイグ蒸留所が免税店限定ウイスキーとしてボトリングする「ラフロイグ 1815 レガシーエディション

飲んだ感想は”驚き”これがまず一番に訪れました。

ウイスキー愛好家から定評のあるスタンダード品ラフロイグ10年との比較するまでもない程のの違い。

木材やゴムを焦がしたような独特でヘビーな味わい
好みがかなり分かれそうな逸品。

飲み手にもよりますが、価格的に見てもこの重厚な味わいの満足度は高いのではないでしょうか。

10年が持つ華やかなスモーキーフレーバーでは無く、ドロリとした印象で飲み手に与える強烈な印象。

常用的に飲みたいウイスキーとは感じませんでしたが、刺激的でヘビーなウイスキーを欲する夜…そんな時にこれ以上ない一本。

アイラモルトが好みの方は、一度体験してみる価値ありの味わいです

評価:コスパ優良 


フレンズ・オブ・ラフロイグ クラブ向けに年に一度限定発売されている「ラフロイグ カーディス」

カスクストレングスで際立たされた個性付け。

リリースされた年によるコンセプトの違いが楽しめます。


アイラ島のシングルモルトであることは間違いないのですが、蒸留所名が明かされていないハンターレインがボトリングするシングルモルトウイスキー「スカラバス」

スモーキーな味わいでフレーバー豊か、満足度の高い逸品。

カリラやラフロイグを好む方にオススメできるコスパに優れる逸品。


「ダグラスレイン」がボトリングするラフロイグ

上記のハンターレインとは元々同一の会社で高い信頼度のボトラーズ

価格はそれなりに張りますが、ボトラーズブランドからのリリースが減少している近年、貴重な一本。


一度は飲んでおきたい長期熟成のラフロイグ

ラフロイグ25年は定期的にカスクストレングスでボトリングされています。

長い時を紡いだ複雑で深い味わい、スモーキーなだけでなく新たなラフロイグの魅力に触れる事が出来ます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキー おすすめ 銘柄

スモーキーなウイスキーをさらに調査

【スモーキーなウイスキー おすすめ銘柄18選】初心者からの脱却!ピートの香りを楽しもう
皆さんは初めてウイスキーを口にした時から美味しいと思えましたか? 最初は苦手でもハイボールなど飲みやすいウイスキーを飲んで行く...
ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします