【ハイボール用 炭酸水】ウイスキーのソーダ割りにオススメ銘柄&自宅で作る

ハイボール 炭酸水

ウイスキーを晩酌で嗜む際、ストレートでいただく事も多いのですが、食中などは、「ハイボール」ものど越しが良く、食が進みます。

ほとんど毎日のように飲んでいるハイボール。

ウイスキーの銘柄には価格や味など様々な点でこだわり、選んででいらっしゃる方が多い様に思いますが、炭酸水(ソーダ水)についてはいかがでしょうか。

炭酸水(ソーダ水)も大変多くの種類があり、その銘柄を変えるだけで、ハイボールの味わいも劇的に変化します。

価格、味など好みの物を選ばれてハイボールを楽しみましょう。

スポンサーリンク

ハイボールその由来は?

ハイボール!?

いつの間にかブームになり当たり前の呼び名になりましたが、その由来はどこからきているのでしょうか?

諸説あるようですが有名なのは「スコットランドゴルフ場説」

スコットランドのゴルフ場でウイスキーのソーダ割りを飲んでいると、高々と打ち上げられたゴルフボールが飛び込んできて「ハイボール」と呼ばれるようになる。というもの

日本ではウイスキーのソーダ割りを「ハイボール」と呼んでいる事が多いのですが、

本来は、ウイスキーだけでなく、スピリッツ全体やリキュールを炭酸水で割った飲み物をさします。

ハイボールの美味しい作り方

ハイボールは、作り方一つで格段に美味しく生まれ変わります。

1.グラスを冷やす

ハイボールを頂く少し前にグラスを冷蔵庫に入れて冷やしましょう。

2.氷を先に入れる

ウイスキーよりも先にまず氷をグラスに入れます。

3.ウイスキー投入

ウイスキーを注ぎ入れて氷としっかり混ぜ合わせ冷やします。

ウイスキーを冷蔵庫に入れ、冷やしておくというのも一つの方法です。

4.炭酸水(ソーダ水)を注ぐ

静かに炭酸水を注ぎ入れて、1回だけ軽く混ぜ合わせる。

この単純な作業工程を守るだけでワンランク上のハイボールを頂くことが出来ます。

オススメ炭酸水銘柄

ウィルキンソン タンサン

まずは、炭酸水の定番と言っても過言ではない「ウィルキンソン タンサン」

日本で作られる炭酸水。

炭酸ガスもしっかり強くハイボールとの相性もかなり良い。

炭酸水 KUOS(クオス)

強炭酸でコストパフォーマンス最強の炭酸水「クオス」

水源は、水の郷100選にも選ばれ「水郷の里」として名高い大分県日田市。

美しい地下水を使った大手ビール工場や焼酎の蒸留所などがあり、豊かな自然が広がる地域。

日常気軽に使用する炭酸水としてコストパフォーマンス最高です。

「クオス」の公式サイト。

定期購入などもお得です

炭酸水KUOS

プライムシャワー

強炭酸の炭酸水「プライムシャワー」

九州の口当たりまろやかな天然水を使用した純国産。

ハイボールとの相性も良く、低コストで高品質。

先述した「クオス」と並び日常気軽に使用できる銘柄です。

ザ・プレミアムソーダ 山崎(FROM YAMAZAKI)

サントリーが生産するプレミアムソーダ。

特別な時に、とにかく美味しいハイボールが必要な時はコレがオススメ。

山崎の天然水でつくった炭酸水。

不思議と口に含むと甘みの様なものを感じます。

割りだかではありますが、一度は試してみる価値アリです。

炭酸水メーカー(自宅で炭酸水を作る)

自宅で炭酸水を作る事が出来る「炭酸水メーカー」

必要な時に手軽に作れるのでハイボールを毎日のように嗜まれる方にはおススメです。

スポンサーリンク

『ソーダストリーム(sodastream)』

メーカー発表によると500mlあたり18円から炭酸水を作る事が可能。

電源を使わすに、わずか30秒で炭酸水を生成し、スリムなので置き場所も選びません

ボタンを押す回数で炭酸水の強さを調整可能。ハイボールやカクテルにぴったりの強炭酸水も作れ、用途に合わせた使い分けが出来ます。

シロップも用意され、ハイボールだけでなくジュースも作れます。

体にやさしい無添加。

ビタミンC配合、合成着色料・保存料不使用。

1本で約コップ30杯分お楽しみいただけます。

8種類のシロップが用意されています

・プレミアム ストロベリーキウィ

・プレミアム アップル

・プレミアム レモンライム

・プレミアム カシスペア

・プレミアム ジンジャーエール

・プレミアム コーラ

・プレミアム オレンジピーチ

・プレミアム オレンジ

『ツイスパソーダ』

電源不要で15秒で炭酸水が手軽に作れます。

アウトドアなどにも、かさばらず持ち運べます。

炭酸水 まとめ&感想

自宅で晩酌の際に気軽に楽しんでいるハイボールも炭酸水という副材料に焦点当てて考えるとその選択肢は意外と多いものです。

炭酸水の銘柄を変えるだけで、いつものウイスキーの印象がガラリと変わります。

ウイスキーをほとんどハイボールで召し上がることが多い方はやはり炭酸水メーカーがコスト的に優れている様に感じますが、プレミアムソーダの上質な味わいは是非味わって頂きたいものです。

個人的には、ウイスキーはストレートで頂くことが多く、ハイボールは1日1~2杯程度。

基本的には「炭酸水KUOS」を定期購入し、休日などに「プレミアムソーダ・山崎」で少し贅沢な時間を過ごしています。

みなさんも用途によって使い分け、日々のハイボールを美味しく、ウイスキーライフを送りましょう。

スポンサーリンク

ウイスキーのハイボールにはコチラのグラスも最適です。

関連『ハイボールやビールに最適なグラス』サーモスetc真空断熱タンブラーで氷が溶けない!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします