ワイルドターキー フォーギブン 価値あるミスを犯したウイスキー WILD TURKEY Forgiven

ワイルドターキー フォーギブン

蒸留所・・・ワイルドターキー蒸溜

地域・・・ケンタッキー州ローレンスバーグ

アルコール度数・・・45.5%

バッチナンバー・・・303

ワイルドターキー フォーギブン

ワイルドターキー蒸留所が詰める限定品『ワイルドターキー フォーギブン』

今回で2度目のリリースとなります。

ワイルドターキー蒸留所に関してはコチラから

ワイルドターキー 8年 バーボンの代名詞ともいえるウイスキー WILD TURKEY
 蒸留所・・・ワイルドターキー蒸溜所地域・・・ケンタッキー州ローレンスバーグ熟成・・・8年アルコール度数・・・50.5%ワイルドターキー蒸溜...

この『ワイルドターキー フォーギブン』その言われは大変ユニークな物で、偶然生まれた奇跡のレシピとされています。

ワイルドターキーの蒸留所に勤務する従業員が、飲みごろを迎えタンクに移されていたバーボン原酒の中に、誤ってライウイスキーを注いでしまいました。

当初はマスターディスティラーも大変な損失に繋がると怒っていたようですが、そのウイスキーの出来栄えの良さにそのミスをしてしまった従業員を許し『Forgiven=許された』という商品名でボトリングを行いました。

その結果、大変な好評を得て今回このバッチナンバー303のリリースに繋がります。

一般的にライウイスキーはバーボンよりも香りやコクが深いものが多い。

そのライウイスキーの比率が計らずしも高くなってしまったこのウイスキー、法律の観点からバーボンウイスキーとは名乗れないが、短期間に2度もリリースされるのも納得です。

→現在入手可能なワイルドターキー

テイスティング・レビュー

WILD TURKEY Forgiven テイスティング

カラーは、ワイルドターキー8年物より薄めのアンバー。

バーボンウイスキーによく見られるエステル臭が低く、バニラの甘い香りが漂います。

口に含むとしっかりとした穀物とナッティーな甘さがゆったりと広がります。

ミディアムボディながら飲みごたえがしっかりと有り、フィニッシュはシンプルでスムースな甘さが続きます。

ロックにするとライ麦の苦みの様なコクと共に甘くスッキリとした印象がうかがえます。

ソーダで割ってもスムースで飲みやすく切れのあるハイボールに仕上がり、ライウイスキー特有のコクのある香りと味わいも楽しめます。

コストパフォーマンス&まとめ

日頃、シングルモルトを好んで飲む機会が多いので、誤ってアードベックとグレンマレイをブレンドしボトリングされた「セレンディピティ」を思い出してしまいます。

こちらも「素敵な偶然に出会う」との意味で、「フォーギブン」同様素晴らしいネーミングでした。

余談ですが同名の映画も中々の名作です。

この『ワイルドターキー フォーギブン』が出来上がるまでの「ストーリー」そして「味わい」や「設定価格」どれをとっても高水準なウイスキーだと感じ頂くことが出来ました。

前回のバッチは完売してしまい、少々価格が高騰していました。

数量限定品での販売ですので、適正価格のうちに飲まれることをおススメします。

コスパ優良 


13年から16年の長期熟成原酒のみを使用したバーボンウイスキー。

1954年から「ワイルドターキー」をつくり続けているワイルドターキー蒸溜所責任者ジミー・ラッセル氏の勤続60周年を記念し、息子エディー・ラッセルが長期熟成原酒をブレンドした逸品。


過去にリリースされた限定品。

セラミックデキャンタにて詰められた逸品です。

画像はコヨーテの物ですが、様々な種類がリリースされ楽しませてくれました。

近年では価格が高騰してきておりますが。。。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします