【バランタイン まとめ】おすすめの種類や飲み方を解説 ハイボールに人気のウイスキーは?

スコッチウイスキー3大ブランドの一つに数えられる「バランタイン」

サントリーが輸入代理店を務めている事もあり、日本国内でも知名度の高い銘柄。

最初に飲んだスコッチウイスキーが「バランタイン」という方も多いのではないでしょうか。

スーパーなどの量販店でも多く販売されているファイネストを始め、一度は誰もが憧れる30年物まで、種類が豊富なのもこのブランドの魅力。

各ラインナップをまとめて解説。

ハイボールにオススメの種類や飲み方、限定ボトルにも触れていきたいと思います。

ブレンデッドウイスキー「バランタイン」とは?

バランタインが誕生するまでの歴史、成功を収めるまでの奇跡には大変興味深い物があります。

紋章やキーモルトなどバランタインならではの魅力、

スコッチウイスキー バランタインの誕生

誰もが知るスコッチブレンデッドウイスキー「バランタイン」を世に生み出したのは、ジョージバランタイン&サン社。

始まりは1827年、小さな食料品店としての創業でした。

創業当時、ウイスキーの取り扱いは事業全体の中でも小規模な状態からのスタート。

しかし後に酒税法の改正・政府公認の蒸留所や ブレンデッドウイスキーの誕生など、ウイスキー産業に追い風が吹くと、ジョージもブレンダーとしてグラスゴーに進出しウイスキー事業に力を注ぎます。

そして後の1895年、ヴィクトリア女王からジョージ・バランタイン&サン社に王室御用達証明書が授与されました。

このことが現在までのバランタインの大躍進のきっかけになったことは言うまでもありません。

現在でもラベル中央にはその証として紋章を描くことを王室より認可されています。

バランタインに輝く紋章の意味は?

バランタインのラベルに細やかに描かれる紋章
それぞれのアイコンには意味があります。

両サイドにはスコットランドの国旗セントアンドリュースが配置。

中央に描かれている盾には4つのエレメントが描かれています。

  • 大麦
  • 清流
  • ポットスチル

バランタインが出来上がるまでのストーリーがそこに凝縮。

↓4エレメントの解説動画

盾の下には国家のアザミとそれを囲うように「全人類の友」を意味する「Amicus Humani Generis」と記されています。

バランタインの原酒 キーモルトは?

バランタインは複数のシングルモルトウイスキーとグレーンウイスキーを合わせて生産されるブレンデッドウイスキー。

使用される原酒の中で、特に重要視される銘柄をキーモルトと呼びます。

  • グレンドロナック
  • グレンカダム
  • オールドプルトニー
  • グレンバーギ
  • バルブレア
  • アードモア
  • トーモア
  • ミルトンダフ
  • グレントファース
  • インペリアル
  • スキャパ
  • ラフロイグ
  • アードベッグ

名だたる蒸留所が名を連ねます。
ここに上げているのは使用原酒の一部。

マスターブレンダーの高いブレンド技術により、あの繊細で華やかなバランタインが作りあげられます。

バランタイン17年では「魔法の7柱」と呼ばれる蒸留所のシングルモルトウイスキーをバランタインの名のもとにボトリングしています。

限定品ではあるが、素晴らしいウイスキー
ストレートで味わうのがオススメ。

原酒を守るガチョウ軍団

バランタインでは大変多くのガチョウが飼育されています。

その役割は、貯蔵さるこれからバランタインとなるであろう原酒を守るため。

いわば番犬のような役割。

ガチョウは番犬よりもエサ代が安く、耳も目も良いので 泥棒よけの対策として効果的。

バランタインのトレードマークの一つとなっています。

バランタインウイスキーの種類

バランタインは大変多くの種類をラインナップしています。

熟成年数による線引き、熟成樽や原酒の個性に特化したものなど様々。

価格やコスパを考え、自分に合った一本を選んでみましょう。

バランタイン ファイネスト

バランタインのエントリーモデル的 立ち位置なのがこのファイネスト

値段も最もリーズナブルで、日々の晩酌ハイボールにはありがたい銘柄

しかし、原酒の若さやモルトウイスキーの使用比率からか、アルコール感が多少強く現われ、バランタイン特有の華やかな芳香があまり感じられない

バランタイン バレルスムース

使用する原酒に内面を焦がしたオーク樽でフィニッシュをかけて作られたバランタイン。

少々粗さは感じるが濃厚な味わい。

コスパを考えると 満足度は高いのではないでしょうか

おすすめ度:

バレルスムースは ハードファイヤード終売後に発売された商品。

コンセプト的に見ても、名所変更を伴うモデルチェンジのようなものでしょうか

バランタイン12年

厳選された40種類以上の原酒をブレンドして 作られたウイスキー

コスパに優れた素晴らしいウイスキー

おすすめ度:

バランタイン12年について 詳しく記載

バランタイン12年 豊かな香りでハイボールにもおすすめなスコッチウイスキー Ballantine's
バランタイン12年 製造元・・・ジョージ・バランタイン&サン社 熟成年数・・・12年 アルコール度数・・・40% キーモルト...

バランタインブレンデッド モルト12年

バランタインで使用されているシングルモルトだけで構成されたブレンデッドモルトウイスキー。

甘味を伴う香り立ちが華やかで、ストレートでも楽しめるウイスキー。

上記の12年より値は張りますが、コスパの面から見てもかなり優れていると感じます。

サントリーからの正規品は発売されていません。興味がある方は流通が安定している内に

おすすめ度:

クリスマス限定!!バランタイン

ここ数年、毎年限定発売されている「バランタイン クリスマスリザーブ」

マスターブレンダーが雪・結晶・聖夜をイメージして原酒から厳選して特別にブレンドした逸品。

通常のバランタインよりもフルーティーな甘さが目立ち、飲みやすい。

価格も抑えめで凝ったパッケージ、ちょっとしたクリスマスプレゼントにもオススメ。

おすすめ度:

バランタイン マスターズ

バランタイン第5代マスターブレンダーのサンディ・ヒスロップ氏が先代がプライベートで嗜んでていた味を表現。

梨やオレンジを感じる甘くフルーティーな味わい。

原酒に長期熟成のモルト原酒を使用。

実際の売価は17年物より少しリーズナブルな感じ。

バランタイン17年

17年以上の原酒を使用してブレンドされたウイスキー

華やかで、飲み心地穏やかな味わい…

バランタインの素晴らしさを堪能するには17年はもってこい。

飲み方もオンザロックや加水してトワイスアップなどウイスキーの味わいが強く感じられるものがおすすめ。

おすすめ度:

↓オールドボトルで陶器ボトルのベリーオールド17年

現行品と異なる濃密な味わいが堪能できます。

↓バランタイン17年について詳しく記載

バランタイン 17年『気品ある香りと味わいのスコッチ・ブレンデッド・ウイスキー』Ballantine's
製造元・・・ジョージ・バランタイン&サン社 熟成年数・・・17年 アルコール度数・・・40% キーモルト・・・スキャパ・ミルト...

バランタインリミテッド

バランタインのイメージカラーであるロイヤルブルーのボトルで詰められた限定品

美しい佇まい、高級感のある外箱などご贈答品としてもピッタリな一品。

↓バランタインリミテッドについて詳しく記載

【バランタイン リミテッド】お中元・お歳暮にも最適な美しい限定スコッチブレンデッドウイスキー新発売
わが国ではスコッチウイスキーの代名詞と言っても過言ではない「バランタイン」 バランタイン ファイネストなど、低価格商品はスーパーや...

バランタイン21年

IWSCで最優秀金賞を受賞したバランタイン21年

最低でも21年以上の熟成を重ねた原酒のみをブレンド。

蜂蜜を思わせるような濃厚な甘みと熟成感。

この辺りから値段がグッと上がります。

バランタイン30年

今や高級ウイスキーの代名詞的存在の「バランタイン30年」

一度は飲んでみたいウイスキーとして良くあげられる憧れのウイスキー。

30年の長い熟成年数経て完成した味わいは力強くも繊細、深い余韻による充足感はさすがの一言。

このクラスのウイスキーの絶妙なバランスを体感するには、ストレートor少量の水で加水するのがおすすめ。

ハイボールおすすめランキング ベスト3

ここまで数々のバランタインを紹介してきましたが、ハイボールで飲むにはどの銘柄が最も相性が良いのでしょうか?

コスパを重要に考え、個人的におすすめのランキングをご紹介。

  1. バランタイン12年
  2. バランタイン ブレンデッドモルト12年
  3. バランタイン バレルスムース

バランタイン12年をソーダで割り、完成したハイボールから立ち上る華やかな唯一無二の香りは素晴らしいの一言。

ブレンデッドモルトも含めて価格が抑えられているのもランキング上位にした要因。

バレルスムースは想像よりも飲み応えがあり、ハイボールにしても消えない主張に好感が持てました。

↓ハイボール用のウイスキーをお探しの方へオススメ

【ハイボールにおすすめウイスキー】タイプ別リーズナブルな銘柄21選 ※随時更新
いつのまにか「ハイボール」という響きが一般的になり、ウイスキー愛好家だけでなく、居酒屋や自宅で気軽にたくさんの方々が楽しむようになっ...

バランタイン おすすめの種類や飲み方ハイボール人気ランキングまとめ

スコッチウイスキーの中で、最も親しみ深いブランドの一つ「バランタイン

居酒屋などでもよく見かける銘柄で、飲んだ事がある方も多いと思います。

しかし、ラインナップは多岐に渡り、どの種類を選ぶかによりその味わいは大きく変わります。

ハイボールには12年、バランタインである所以を堪能するには17年。
筆者の見解はこんなところでしょうか。

個人の趣向や飲み方を考慮に入れて選べば、満足度・コスパ共に大変高い物に…

限定品も近年積極的にボトリングされているので合わせてチェックしてみて下さい

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします