バランタイン 17年『気品ある香りと味わいのスコッチ・ブレンデッド・ウイスキー』Ballantine’s

バランタイン17年

バランタイン 17年

製造元・・・ジョージ・バランタイン&サン社

熟成年数・・・17年

アルコール度数・・・40%

キーモルト・・・スキャパ・ミルトンダフ・グレンバーギ・グレントファーズ

バランタイン17年

ブレンデットスコッチウイスキーの雄「バランタイン」

そのブランドの中でもハイクラスウイスキーの一角を担うバランタイン17年。

ウイスキー愛好家ならば一度は通っておくべき道ではないでしょうか。

「バランタインの日々」甲斐よしひろさんのしぶい声を聞きながらいただくと格別です

↓バランタインに輝く紋章などバランタインの歴史や種類など詳しく記載

【バランタイン まとめ】おすすめの種類や飲み方を解説 ハイボールに人気のウイスキーは?
スコッチウイスキー3大ブランドの一つに数えられる「バランタイン」 サントリーが輸入代理店を務めている事もあり、日本国内でも知名度の高い...

バランタイン 17年の発売

バランタイン17年が発売されたのは1937年。

17年以上樽熟成されたモルトウイスキー原酒40種類、グレンウイスキー原酒4種をバッティングしてこの複雑な香味を作り上げています。

これはスコッチ・ブレンデッドウイスキーの中でも長期熟成の部類に位置付けされます。

バランタイン17年はラインナップの中でファンも多く人気のウイスキー
オールドボトルになってしまいますが、以前は陶器ボトルも17年熟成で販売されていました

キーモルト魔法の7柱

バランタイン17年は「魔法の7柱」と呼ばれる7つの蒸留所のウイスキー原酒をキーモルトに使用。

バランタインの魔法の7柱

  • スキャパ
  • プルトニー
  • バルブレア
  • グレンカダム
  • グレンバーギ
  • ミルトンダフ
  • アードベッグ

バランタイン17年は「魔法の7柱」をキーモルトに40種類以上のシングルモルトウイスキー・グレーンウイスキーを合わせてスコッチ・ブレンデッドウイスキーへと作り上げられます。

その中のキーモルト4つに焦点を当てたエディションシリーズがバランタイン17年の名義でラインナップされています。

4つのモルト原酒はどれもバランタイン17年の味わいに大きな影響与えています。

シングルモルトウイスキー「スキャパ」で果実のように口中に広がる第一印象を作り、「ミルトンダフ」で力強くしっかりとした骨格を、「グレンバーギ」でブレンドの中心となるフルーティーな中核、「グレントファーズ」では滑らかで繊細なベリー系のフィニッシュを表現。

複雑で繊細、飲みやすいながらも「バランタイン17年」らしい存在感のようなものは、この構成原酒からきているのではないでしょうか。

⇒現在入手可能な「バランタイン」

バランタイン 17年 テイスティング・レビュー

バランタイン17年の評価は?

実際にグラスに注ぎテイスティング&レビューしていきましょう

バランタイン17年 ウイスキー 飲み方 評価 味 テイスティング

カラーはしっかりと色づく琥珀色。

香りは穏やかでスイートそして華やか。

口に含むととにかくなめらかで、若干のドライさはあるものの、あまりアルコール感を感じない。

中盤に差し掛かると、ほのかに樽香からくるスパイシーな味わいとバニラのような甘味が訪れ、複雑な味わいを感じる。

ボディはライトからミディアムで舌の周りを柔らかくシルキーに包み込む上品で繊細なウイスキー。

フィニッシュでもそのスムースな印象は変わらず、繊細で穏やかに柔らかな香水のように続いていく。

ブレンデッドウイスキーながら、ストレートでいただいても満足感が得られる爽やかで華やかな甘味が心地よい。

加水するとフルーティな甘みも口に入れた時に感じられるが、後半にはスパイシーでドライな味わいも現れるのが面白い。

ロックにしても華やかで上質な印象はしっかりと残りバニラのような甘みも引き続き感じられる。

ハイボールにすると華やかな印象が強く、アルコール感のようなものを一切感じず飲みやすい。

Ballantine’s17年オススメの飲み方は?

おススメの飲み方は一言でいうならば正に万能。

ストレートでもハーボールでも「バランタイン17年」である満足感をしっかり認識できます。

個人的にはにオン・ザ・ロックで構えずゆったりした時間をリラックスして過ごす時に使っているウイスキー。

コストパフォーマンス&まとめ

Ballantine’s17年

  • 長期熟成スコッチブレンデッドウイスキーの代表格
  • お中元やお歳暮などプレゼントにも最適
  • 長期にわたり愛飲すべき味わい
  • 一度は飲んでおきたいウイスキー

誰もが知る今や高級ウイスキーの代名詞的存在「バランタイン17年

大事な来客の時や、ウイスキーを飲みながらゆったりくつろぎたい夜に最適。

主張の強すぎないその上品な味わいは、友と語らう時などには欠かせません。

万人に愛されるであろうその完成度の高い味わいと高級感は、大切な方への御中元お歳暮などにも大活躍してくれます。

価格的にはリーズナブルとは言えないかもしれませんが、ストレートやロックで頂いても飲み飽きる事も、飲み疲れることもないこのウイスキーとは長い付き合いに成りそうな気がしました。

バランタインと言えばやはりよく話題に上るのは30年ではありますが、この17年も負けず劣らず素晴らしい。

コストパフォーマンスの面でも、十分に自宅用ウイスキーのローテーションとして活躍してくれるのではないでしょうか。

いつもより少し良いウイスキーで贅沢な時間…

この演出にはこれ以上ないウイスキーと感じます

コスパ優良 


日本限定のもう一つのバランタイン17年

アルコール度数48度でノンチルフィルター。

熟成にはアメリカンオーク樽にあわせ、ヨーロピアンオーク樽とファーストフィルのアメリカンオーク樽を使用

味わい豊かで飲み応えのある1本


全編カラーでバランタイン17年を生産する美しい風景や、その歴史が描かれています。

バランタインファン必見です。


マスターブレンダーであるサンディー・ヒスロップ氏が雪・結晶、聖夜をイメージして原酒から厳選して特別にブレンドされた「バランタイン クリスマスリザーブ」

近年毎年11月頃にリリースされ、凝ったパッケージデザインの割にリーズナブルで購入しやすクリスマスプレゼントにも最適。


その名の通りバランタインが限定で生産するウイスキー「バランタイン リミテッド」

過去数回リリース。

ボトルには、シリアルナンバーが刻印され、長期熟成のモルト原酒にスッキリとしたグレーンウイスキーを加え、フルーティーで滑らかな仕上がりに。


2014年ラインナップに登場した比較的新しいバランタイン

3代目マスターブレンダー・ジャック ガウディ氏が好んだ味わいをイメージしたブレンデッドスコッチウイスキー

ランク的には12年と17年の間と言ったところ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

バランタイン17年と同じくプレミアムブレンデッドウイスキー
「ジョニーウォーカー・ブルーラベル」も合わせてチェック↓

『ジョニーウォーカー ブルーラベル』味や飲み方・価格は?ジョニ青限定ウイスキーも紹介
ジョニーウォーカー ブルーラベル 使用原酒(キーモルト)・・・ロイヤルロッホナガー・モートラック・カードゥetc 熟成年数・...
ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします