【ロイヤルハウスホールド&ザ・ロイヤルハウスホールド】王室御用達ウイスキーその違いは?

ロイヤルハウスホールド

製造元・・・ジェームズ・ブキャナン社

アルコール度数・・・40%

キーモルト・・・ダルウィニー・グレントファース等

ブレンデッド・ウイスキー「ロイヤルハウスホールド」

読んで字のごとく「英国王室御用達ウイスキー」として名高いロイヤルハウスホールド。

ブレンデッドウイスキー最高峰の一つであることは間違いありません。

ウイスキー愛好家ならば、一度は飲んでみたいウイスキーの一つです。

ロイヤルハウスホールドの誕生

ロイヤルハウスホールドの誕生は、1897年。

当時大量のウイスキー原酒を保有し、頭角を現していた「ジェームズ・ブキャナン社」が皇太子専用のブレンデッドウイスキーを作るという勅命を受けたのが始まり。

オファーをしたのは、その時 皇太子だったエドワード7世。

皇太子専用ブレンデッドウイスキーの名のもと納品されたウイスキーの中から、皇太子自らが選ばれたのが時の「ロイヤルハウスホールド」

翌年の1898年には皇太子御用達のロイヤルワラントが授けられ、皇太子が国王エドワード7世となった1901年には王室御用達となりました。

「ロイヤルハウスホールド」と名付けられたのは1901年。

国王の弟で後のジョージ5世、ヨーク公夫妻が世界一周の船旅に出航した際に、船に唯一積み込まれた銘柄。

この事によりヨーク公自らが「ロイヤルハウスホールド」と名付けたとされています。

ロイヤルハウスホールドが飲めるのは3か所だけ

  • バッキンガム宮殿
  • ローデル・ホテルのバー
  • 日本

英国王室の特別の配慮で友好関係にある日本でだけ販売され、飲むことが許されています。

昭和天皇が皇太子時代に英国を訪れた際、英国王室からロイヤルハウスホールドを授かったのが事の始まり。以来、日本での販売が許されています。

ロイヤルハウスホールドのキーモルト

ブレンデッドウイスキー「ロイヤルハウスホールド」に使われているキーモルトはブキャナン社の傘下であるダルウィニーやグレントファースを中核としたモルトウイスキー。

グレンウイスキーも合わせると45種類余りのウイスキーがブレンドされています。

モルトウイスキー原酒のみで構成されたブレンデッド・モルトウイスキー「ザ・ストラスコノン」

ロイヤルハウスホールドに注目が集まりがちですが、素晴らしいウイスキーです。

定冠詞THE付き「ザ・ロイヤルハウスホールド」

  • 左:ロイヤルハウスホールド
  • 右:ザ・ロイヤルハウスホールド

ザ・ロイヤルハウスホールド ラベル

向かって左側が現在流通している「ロイヤルハウスホールド」

「THE」の定冠詞が付いていません。

1990年代初頭に王室御用達を外れた際に名所変更が行われました。

ザ・ロイヤルハウスホールドの紋章

  • 左:ザ・ロイヤルハウスホールドの紋章
  • 右:ロイヤルハウスホールドの紋章

ザ・ロイヤルハウスホールド ロイヤルワラント

左側の「ザ・ロイヤルハウスホールド」には王室の紋章が、右側の現在流通品にはブキャナン社の紋章が刻印されています。

使用されているキーモルトなどに変更はありません。

しかし生産されている時代の違いも影響し、「ザ・ロイヤルハウスホールド」の方がボディが厚く、甘みや旨みを重厚に感じ取る事が出来ました。

価格高騰していますが、現在貴重な「ザ・ロイヤルハウスホールド」の購入は可能。

「ロイヤルハウスホールド」テイスティング・レビュー

ロイヤルハウスホールド テイスティング

カラーは輝くゴールド。

香りは麦芽のような甘い香りで少々フルーティー。

口に含むと舌の上に刺激を感じず滑らかな麦芽を感じさせるライトなあまみが訪れる。

ボディはミディアムライトぐらいでそれほど重みは感じない。飲み進めていくと中盤あたりで若干ウッディな印象が現れると同時にわずかなスモーキーさと混ざり合い心地よい 。

フィニッシュも含め終始ライトな麦芽香が口の中に穏やかに広がりゆっくりと消えていく。

ロックにするとさらにアルコールによる刺激を感じることがなく、飲みやすいことこの上ない。

フィニッシュに残るわずかな甘みも高印象、バランスの良さが光る一本。

水割りや、ハイボールで飲んでも上質で滑らか。穏やかな香りも申し分ないのだが少しもったいない気も。


コストパフォーマンス&まとめ

ウイスキー愛好家であれば一度は飲んでみたいウイスキー 英国王室御用達「ロイヤルハウスホールド」

これといった特別な強い個性は感じないものの、 穏やかでゆったりとした時間を過ごすには最高のお供となりそうなブレンデッドウイスキー。

日頃シングルモルトウイスキーの強い味わいに慣れ親しんでいると少し物足りなさを感じるのも否めませんが、一度は一本を通してゆったりと飲んでみるのも悪くないかもしれません。

価格面、ことコストと考えると最高とは言い難いような気もしますが。

コスパ並 


ロイヤルハウスホールドを生産しているジェームズ・ブキャナン社12年熟成のブレンデッド・ウイスキー

コスパもよく、おすすめの一本。


キーモルトであるシングルモルト・ウイスキー「グレントファース」

ボトラーであるゴードン&マクファイルが瓶詰めした一本。

飲みやすく品のある味わい。

ウイスキー初心者の方にもおすすめ。


MHDからリリースされているロイヤルハウスホールドのキーモルト「ダルウィニー15年」

ハイランドらしい香り立ちの良い一本。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします