マッカラン レアカスク・ブラック スモーキーなマッカラン新発売

The Macallan Rare Cask Black

マッカラン レアカスク ブラック

The Macallan Rare Cask Blackより引用

スコッチシングルモルトウイスキーのロールスロイスと名高いマッカランからニュースが発信されました。

その商品名は『マッカラン レアカスク・ブラック』1824マスターシリーズとしての発売です。

1824シリーズとはノンエイジで「ゴールド、アンバー、シエナ、ルビー」の4種類をラインナップし、天然の色とシェリー樽由来の豊かな香りに焦点を当ててリリースされた物です。

日本でもサントリーさんからゴールドを除く3種類がリリースされました。

スポンサーリンク

そして今回の「マッカラン レアカスク・ブラック」は、なんとスモーキーなマッカランという事です。

以前発売された「ザ・マッカラン レア カスク」は30年以上のシェリー樽原酒を含む貴重な一本で、味的には重厚というよりもフルーティーなウイスキーという印象を受けました。

「ザ・マッカラン レア カスク」についてはコチラから

ザ・マッカラン レアカスク フルーツ香るシェリー樽熟成のウイスキー THE MACALLAN RARE CASK
蒸留所・・・マッカラン蒸留所地域・・・スペイサイド、クレイゲラヒ村熟成・・・30年以上の長期熟成原酒を含むノンエイジアルコール度数・・・40...

価格は25,000円で、流通価格は2万円ちょっとといった感じでした。

今回のレアカスク・ブラックは真っ黒なボトルを採用しており、形状は以前発売されたレアカスクと同じあのずっしりと重い、ビッグサイズのボトルの様です。

画像では立ち昇る硝煙がスモーキーさを連想させ、黒いボトルの存在感を引き立てています。

ひと目見ただけでマッカランファンのハートを掴んでしまいそうです。(宣伝上手というか、、、)

マッカランがスモーキーなウイスキー原酒を仕込んだのは、第2次大戦終戦直後に原材料の大麦麦芽と木炭が、終戦直後のため手に入らず、ピートを使用したためです。

リリースされた物では1946年蒸留の52年物があります。

スポンサーリンク

今回熟成に使われた樽は100樽程度のウイスキー原酒、名前通りのレアカスクとなりそうです。

使用した樽はすべてファーストフィルのシェリー樽で、アメリカンオークとヨーロピアンオークが使用されています。

画像から見るに、それほど濃い色合いには見えませんが、実際に手にしてみないと何とも、、、

発表記事のテイスティングでは、ドライフルーツ、ナツメグ、ジンジャーそしてドライでスモーキーとのコメント、やはりスモーキーなマッカランには興味が尽きません。

アルコール度数は48度で、アンチルフィルターでの瓶詰め。

日本ではサントリーさんが正規代理店なのですが、今のところ入荷の予定はないようで、世界の選ばれた免税店のみでの限定リリースとなります。

価格は450ドルです。

日本円で55,000円位、実際の流通価格を考えても高価格帯でのリリースです。

しかしスモーキーなマッカランというとこの価格でも恐らく早々に完売してしまうのではないでしょうか。。。

スポンサーリンク

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします