【富士山麓 樽熟原酒50° 終売】ハイボールにも最適!パワフルな国産ブレンデッドウイスキー

富士山麓 樽熟原酒50° 評価 味 価格 国産 終売 評価

蒸留所・・・キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所

地域・・・静岡県御殿場市

ノンチルフィルタード

アルコール度数・・・50%

キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所

※2019年春に終売

国産ウイスキーと言えばやはり、先駆者であるサントリーやニッカウヰスキーが何かと話題にのぼりますが、富士山麓はひたしみやすいその価格から晩酌用家飲みウイスキーの定番とされているウイスキー愛好家の方も多いのではないでしょうか。

富士御殿場蒸留所が建設されたのは1973年、静岡県御殿場市、富士山の麓で創業しました。

その地は、年間平均気温が13度と冷涼な土地で、本場スコットランドと大差のないウイスキー作りに適した気候。

熟成には北米産ホワイトオーク、180リットルの小樽を使用。

これによりウイスキー原酒と樽の触れ合う面積を増やし、ウイスキーへの樽由来の香味を強めています。

富士御殿場蒸溜所では世界的にみても珍しい、モルトウイスキーとグレーンウイスキーの仕込みからボトリングまでを一貫して行い生産しています。

富士山麓 樽熟原酒50°(2019年春 終売)

2016年3月にキリンウイスキー 富士山麓 樽熟50°が「キリンウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50°」にリニューアル。

容量、ラベルだけでなく、中身のウイスキー自体も大幅な変更を遂げました。

その一つがノンチルフィルタードでのボトリング。

これによりウイスキーに、より多くの香味成分が残ります。

アルコール度数も高く、国産ウイスキーでは珍しい50度のブレンデッドウイスキーに仕上げてあります。

以前は18年の熟成品がシングルモルトとしてリリースされていましたが、残念ながら終売になってしてしまいました。

その後、限定品として18年のスモールバッチがリリース

そして2018年に新商品として「富士山麓シグニチャーブレンド」がリリース。

熟成のピークを迎えた原酒を厳選してブレンド。

樽熟成由来のフルーティーな華やかさ、甘く香ばしい風味、円熟した味わいが際立つプレミアムな富士山麓

富士山麓 樽熟原酒50°ウイスキーとうとう終売へ…

2019年春に「富士山麓 樽熟原酒50°」が終売してしまうというニュースが入ってきました。

終売の原因は、最近の「響」や「白州」「余市」など、ニッカウヰスキーやサントリーと同じウイスキーの原酒不足によるもの。

最近のハイボールブームなどにより想定を上回る販売量となってしまい、今後生産していくことが困難との事。

最近「富士山麓シグニチャーブレンド」を発表したばかり、とても残念です。

これで「富士山麓」名義のウイスキーは、価格を気にせず飲める家庭消費銘柄から実質消えた事に。

「シグニチャーブレンド」を発売するよりも…と正直思ってしまいます。

原酒不足による国産ウイスキーの新しい流れ、仕方ないのも分かるのですがこの辺りで終売・休売のニュースが止まる事を祈って…。

⇒ 現在入手可能な「富士山麓 ウイスキー」

テイスティング・レビュー

富士山麓 テイスティング 国産 ウイスキー 価格 評価 味 終売

カラーは琥珀色。

香りは果実系の香りと共にエステル香があがる。口に含むと果実味、ニューポット系の甘みを感じる。ボディはライトで、甘さを感じながらも、ドライで切れのある印象。フィニッシュもブレンデッドらしくスッキリとまとまり、原酒の若さからくるアルコールのボリュームを感じるが不思議と嫌悪感はない。ロックにすると甘みと共にしっかりとした辛みを感じる。

ハイボールで頂くと爽やかな香りと甘みのバランスが良く、コシが有りながらもスッキリとした一杯に。メロー&スムースなハイボールに仕上がりオススメ。


「富士山麓 樽熟原酒50°」コストパフォーマンス&まとめ

ジャパニーズウイスキーが日本国内のみならず、世界的に話題となり、各社原酒不足からサントリーを始め、各メーカーが軒並み大幅な値上げをするなか、リニューアル後もリーズナブルな価格でリリースしてくれている 富士山麓 樽熟原酒50°

ストレートで飲んで素晴らしい印象が残ると迄は言えませんが、価格を考えれば十分にストレートでも満足出来るのではないでしょうか。

個人的には炭酸水との相性が好みに合い、食事中のハイボール用ウイスキーとしてヘビーローテーションに加えています。

コストを気にせず、しかも満足度も得る事ができる数少ないジャパニーズウイスキーではないでしょうか。

※追記

この記事を執筆後、「富士山麓 樽熟原酒50°」終売のニュースが飛び込んできました。

このパワーあふれるハイボールが飲めなくなると思うと残念でなりません。

長らく楽しませてくれたこのウイスキー、終売まで感謝をこめて楽しみたいと思います。

評価:コスパ良好 


薫香とクセのない飲みやすさを両立させたウイスキー「オークマスター樽薫る」

2016年3月にリリースされた新商品で価格もかなりリーズナブル。


富士山麓18年終売後に発売された限定品

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ハイボールと相性が良い「富士山麓 樽熟原酒50°」

こちらの記事でも取り上げました

【ハイボールにおすすめウイスキー】タイプ別リーズナブルな銘柄20選 ※随時更新
いつのまにか「ハイボール」という響きが一般的になり、ウイスキー愛好家だけでなく、居酒屋や自宅で気軽にたくさんの方々が楽しむようになっ...
ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします