バランタイン12年 豊かな香りでハイボールにもおすすめなスコッチウイスキー Ballantine’s

バランタイン12年

製造元・・・ジョージ・バランタイン&サン社

熟成年数・・・12年

アルコール度数・・・40%

キーモルト・・・スキャパ・ミルトンダフ・グレンバーギ・グレントファーズetc

バランタイン12年

ブレンデットスコッチウイスキーの中でも取り分け目にすることが多い「バランタイン12年

バランタインァイネストについでリーズナブルな価格からも自宅で嗜むウイスキーの定番にされている方も多いのではないでしょうか。

バランタインについては以前こちらで触れました。

バランタイン 17年『気品ある香りと味わいのスコッチ・ブレンデッド・ウイスキー』Ballantine's
製造元・・・ジョージ・バランタイン&サン社 熟成年数・・・17年 アルコール度数・・・40% キーモルト・・・スキャパ・ミルト...

V字のラベルが表わすもの

2015年に以前はスクエア型の一枚綴りだったバランタイン12年のラベルが、V字のデザイン「シェブロンシェイプ ラベル」にリニューアル。

ラベルが表わす意味は

  • 保護
  • 信頼できる働きを成した建築家
  • 中世のシールド(盾)に由来し紋章学上、高貴とされるデザイン

時代と共にバランタインの12年は、ラベルやボトル形状を変え多数のリニューアルを繰り返いしてきました。

個人的に過去に印象の良かったものは「バランタイン12年 ゴールドシール」

オールドボトルと言えど、現在それほど値上がりしていないので興味がある方はお早目に。

スクエアボトルで少々なで肩のコチラのオールドボトルは、更に麦芽由来の重厚さが強く、一度飲み比べてみる価値ありです。

12年ものだけでなくバランタインは過去に様々な限定品をリリース。

ロイヤルブルーなど日本市場限定の名品なども懐かしい限りです。

⇒現在入手可能な「バランタイン」

バランタイン 12年 テイスティング・レビュー

バランタイン12年 テイスティング

カラーはしっかりと色付く琥珀色。

香りはバニラとフルーツ系の軽やかな少々酸味を伴う甘い香り。

口に含むとスムースでドライそして上品でなめらかな印象。

ボディは軽めでとにかく飲みやすい。中盤あたりにバニラ、麦芽を思わせる甘味と樽香がわずかにじわりと感じられる。

フィニッシュで少々スパイシーな風合いも現れるが、やはりすっきりとスムースで穏やか。


バランタイン 12年 飲み方

加水すると印象が少々変化して華やかにも感じられる。

ロックにすると飲み口は甘くスムースだがフィニッシュではウッディでわずかにスパイシーな味わいも感じられる。

ハイボールにするとフルーティーな甘味と酸味、華やかな香りがバランスよく感じられ、好印象。

コストパフォーマンス&まとめ

世界的に有名なスコッチ・ウイスキー「バランタイン」

そのラインナップの中でも12年は価格的にみても購入しやすく、飲食店などでも見かけることが多い親しみ深いウイスキー。

しかし構成する原酒はなんと40種類以上。

この価格でそれが味わえるだけでもお得と言えるのかもしれません。

ストレートやオン・ザ・ロックで飲むには、シングルモルトウイスキーを普段飲みつけている方にとって物足りなさを感じさせてしまう事は否めませんが、これからウイスキーを飲み始める初心者のかたには大変喜ばれるのではないでしょうか。

コストパフォーマンスの面で考えても、ハイボールで頂くその味わいは素晴らしく十分な満足感を感じました。

ロックやストレートで 飲むなら「バランタイン17年」ハイボールにするには12年という飲み方の使い分けが我が家では定番になりそうです。

コスパ優良 


樽の内側を激しい炎で焦がした樽で追熟した「バランタイン ハードファイヤード」

飲みやすいながらも、スモーキーな印象がわずかに感じられます。

この価格ならば十分に一度はチャレンジしてみる価値アリのウイスキーだと思います。


バランタインのエントリーモデル。

とにかく気軽に一杯「ハイボール」の時などに重宝します。


印象的なボトル形状は、朝もやの中で一枚の葉から落ちるしずくをイメージしてデザインされたもの。

20年熟成の「ピュアモルト」

価格的にみても一度は飲んでおきたい逸品

最後まで読んで頂きありがとうございました。

良いウイスキーLIFEを ウイスキーグラス

ブログランキング
ランキングに参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

シェアして下さると更新の励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報をお知らせします